読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fits_696の日常的な書

ダラダラ書きます

ギターのマイキング

ギターの音作りにこだわる人は多いが、その中でギターのマイキングまでこだわっている人はどのくらいいるのだろうか。

「ハコのPAがなんとかしてくれる。それに任せておけば安心だ」

ハコのPAが何でもかんでもやってくれるヤツだと必ずしも思うなよ!!

初めて聞くバンドの音作りを完全に理解できるPAなどこの世には存在しない!

「えー結局マイクの種類は変わらないんだし、そんなに大きく音が変わるはずないでしょ」

変わるんです!とても!

そんなマイキングのお話。

◯そもそもマイキングって何のためにやってるの?

PAが音のバランスを取るときに、ギターの音質音量も調整してスピーカーから出していきます。

そうすることで、ホールのどこにいてもバンドの演奏が聴きやすい状態になります。

マイキングをしない・ないがしろにすると、ギターアンプからの出音だけで演奏することになるので、

ホールで聞き取りづらいだけでなく、他のパートへのモニターにもギターの音が聞こえないということになります。

◯ラインってたまに言うけど何なのよ。

直接一本の線で音を渡すからラインって言うんです。

たとえばギタリストがアンプシミュレーターなどを使っている場合、そのシミュレーターからでている音は

アンプの前にマイクを立てて録った音をシミュレーションしている場合がほとんどです。

そんな場合、またスピーカーから音を出してマイクで録って……なんてやってたらプレーヤーの意図した音とは違った音になってしまいます。

そんな場合、マイクではなく直接電気的な通路のみでPAに音を渡すことをラインと呼ぶ。

ベースなんかはアンプ通さなくてもベースらしい音がするので、そのままDIに入れてラインでPAに渡すことも多いよね。

◯本題。マイキングによる音の違いって……?

まずは、だれでも予想がつくであろうマイクによる違い。

マイクの特性が違えば、拾う音も変わり出音も変わる。 以上。

そして、大切なのが

マイクが同じであっても、立てる位置によって拾う音が大きく変わるってこと!

PAなんかもそうだけど、レコーディングエンジニアとかは本当に、数ミリ単位でマイクをずらしたりする。

それだけ音が簡単に変わるってこと。

実際に聞いてみよう。

使用機材 Sound:BlackTopTelecasterHH(FujigenPU)->Blackstar LT-DUAL ch2 ->JC-120 ch2Low   

       Rec : Classicpro CM5 -> Roland Duo-Capture ->Audacity

JC120を使ったのはどこにでもあるからというのと、スピーカーがでかいので狙いやすかったからですw

本来ならルーパーとかで演奏もまったく一緒にスべきなんですが、持っていないのでなるべく同じように弾きました。

speaker.png

わかりにくいかもですが、スピーカーです。

①がcap ②がcapedge ③がcone ④がconeedge

というファイル名になっています。

で、capedgeoffmicっていうのは、②と比べてスピーカーから拳一つ遠ざけたものです。

違いがわかりますか?

わからない人が居ないくらい、ちがいがはっきりしています。

中心ほど音量は大きく、音は固めの音に。

外側に行けば行くほど、音は柔らかくなっていきます。

たった数cmで、こんなにも音が変わる。

EQをちまちまいじるより、簡単に好みの音に近づけるかも!

今まで意識していなかった人は、

Liveをする機会があったら確認してみると、さらにイメージ通りの音作りに近づくと思います!

自宅レコーディングする人とかは、ギターやアンプが1個しか無くてもマイク位置を変えるだけでキャラクターが変わり、

2本のギターの音の差別化なんかがねらえるのではないでしょうか

実際のレコーディング現場では、同一テイクにマイクを数本違う位置で立てていい音になるようにミックスしていく手法もあるとか。

奥が深い……

ちなみに僕はcapedgeoffmicが一番扱いやすそうで好きですw

※ハコなどで調節する場合は、P.A.とよく相談するなどして、ホールに居る他のメンバーやローディーと確認しながらずらしていきましょう。勝手に移動すると、ハコのPAさんと噛み合わなくて逆に音が濁ったりするかも知れません。