読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fits_696の日常的な書

ダラダラ書きます

バンド全体の音作りの重要性

みんな言います。

「なんかごちゃごちゃしてて音作りが悪い」

しかし、実際音作りってどのくらい効果があるのか。自分のバンドで演奏しながらだとよくわからない……

ということで、実際どの程度差があるのか簡単に比べてみます。

※そこそこ音の良いヘッドホンかスピーカー推奨。

今回、ギターの演奏を録音し、音作りをPC上で行うことで、

まったく同じ演奏を違う音作りでした場合を比べられるようにしてみました。

課題曲はジターバグ/ELLEGARDEN

こちらは音作りを一人一人が雑に行った場合。

なんとなくですが、中域の音が足らないなーみたいな感じに思ってもらえるかと。

そして、こっちが同じ演奏で音作りをある程度やった状態。

PC上の限られた環境ではこの程度の音作りしか出来ませんでしたが、違いがわかるでしょうか。

2本のギターの音が聞き分けやすくなっているかと思います。

そして、しっかりとベースが低音で支えてくれて、ベースにはギターは干渉しないような音作りを目指しました。

あと、それぞれのギターの音量は音作りしたものとしてないものと音量を揃えているのですが、

個人的には音作りされた音源のほうがすこし音圧があるように感じられました。

あと、今回は一本のギターで録音していますが、ギター2本を別のタイプにするなどしてもバンドの音としてはまとまってくると思います。

実際は、ギターも2本とも違うものにするし、アンプも違うものを使うことでさらにきっちりギターの差別化ができるでしょう。

ちなみに、CDなどの音源ではギターのパンを左右に振ってあったりして更に聞き分けやすくなっています。

ライブ環境ではこだわりがない限り、ホールでの立ち位置によって聞こえるバランスが変わってしまうためオススメされない方法ですが、

ホールの中心で聞く人へ向けるのならば、一気に2本のギターが聞き分けやすくなる手段ではあります。

いくら演奏がしっかり合っていたとしても、音作り一つで台無しにもなります。

音作りも立派な演奏技術の一つ。

最後に録音環境だけ追記しときます。

Guitar フェンダーメキシコ テレキャス ブリッジPU

Bass Yamaha プレベタイプ

AudioI/O Roland DuoCapture

DAW Sonar X1 LE

Effect チューブスクリーマーシミュレーター

    Poulin Hybrit Head

    Poulin LeCab

    (1960 IRデータ

     オレンジキャビ IRデータ)

エフェクトはすべてフリーのものを使用。